変形性股関節症が股関節痛の原因でない理由

股関節痛の痛みで悩む女性

この記事では、股関節痛の解決方法について解説します。現代医学や東洋医学、さらに生理学や細胞学などを勉強して分った事、さらに現代医学の整形外科が股関節痛の解決にイマイチ大きな成果を上げていない理由について解説します。

 「私はどうして股関節が痛いの?」「病院に行っても良くならないのはどうして?」「どこに行けば良くなるの?」「手術はしたくない」とお悩みの方にお役立て頂けると思います。 

今日は!痛み解消スペシャリストの長岡です。

私達が一番辛いのは痛みです!しかし  「何年も病院に通っても良くならない」「色んな治療院に行っても良くならない」「手術をしたけど痛みが取れない」などの状況で悩んでいる方がたくさんいます。  

そんな方に  『痛みとは何なのか?』『どうして良くならないのか?』  という事について詳しくお話したいと思います。

股関節の軟骨がすり減って痛いは本当か?

股関節が痛くて歩くのも辛い状態の人はたくさんいます。歩き方が普通じゃないので「この人は股関節が悪いんだな…」とすぐ分ります。

整形外科に行くと、レントゲンやMRI検査をして、多くは「変形性股関節症」と診断されます。 実際にすり減った股関節のレントゲン写真を見せられて「股関節の軟骨がすり減っているから痛くて歩けないのです」と説明されれば、疑う余地はありません。 

たぶんあなたは「私の人生が終わった!」と思うくらいガッカリすると思います。ところが、少し医学を勉強するとこの診断にはいくつかの矛盾のあることが分ります。

変形性膝関節症の解説
変形性膝関節症のイメージ

脚の付け根が痛い。違和感がある。脚が前にスムーズに動かせない。中高年の女性に多く見られる症状です。病院の整形外科に行くと、ほぼ間違いなく「股関節が変形する「変形性股関節症」が原因です」と言われます。

つまり上図のように、股関節部分の軟骨がすり減って、骨と骨がぶつかるために痛みが起こり、うまく足を動かせななくなるという説明です。

この説明には医学的におかしい所があります。一つは  『骨がぶつかって痛い』という考え方です。現代医学の常識ですが、痛みは神経の問題です。ところが骨には神経がありません。ですから、骨がぶつかって痛いと言う説明は医学的におかしい話です。 

 虫歯の治療を思い出してみて下さい。歯を削っても痛くはありません。神経にぶつかると痛いのです。ですから神経を麻酔でブロックしてから、歯を削ります。骨も歯も同じです。

神経が痛いというのは誤解です

すると今度は  『骨がすり減って神経が圧迫されて痛い』  と言われるかも知れません。実はこれも矛盾した話です。  図の写真を見ても、都合よくすり減った骨と骨の間を通っている神経はありません。  一体どの神経が圧迫されているというのでしょう?冷静に考えると理解できないおかしな説明だと分ります。

変形性膝関節症のレントゲン写真

たぶん、 ほとんどの人は「神経が痛い」と思っています。 現代医学の生理学「痛みのメカニズム」を少し勉強すると分かることですが、それは実は大きな誤解です。

 整形外科の痛みが起こる説明は   「神経が圧迫されて痛みが起こる」という事です。実はこれにはおおきな矛盾があります。現代医学で「痛みのメカニズム」(痛みが起こる仕組み)は生理学で学ぶ内容になっています。 

その生理学で神経の働きについてどう書いてあるか紹介します。これは医師の卵たちも実際に医学部の講義で習う内容です。

  「痛みというのは通常、神経線維の先端についている痛みセンサーだけがキャッチします。痛みセンサーが電気信号を伝えてはじめて、痛みが感知される のです。 神経の途中で痛みが発生したり感知されることはありません。 」 

石川県にある加茂整形外科医院院長の加茂淳先生の著書『トリガーポイントブロックで腰痛は治る!』から一部抜粋
神経のメカニズム
痛みを伝える神経の仕組み

上図(神経の仕組み)をみると分りますが、  神経の先端には感覚受容器というセンサーが付いています。このセンサーが痛みの電気信号をキャッチすると、脳に伝わって痛みを感じます。神経の途中にはこのセンサーがないので、圧迫されたりしても痛みを感じたりしないというのが生理学(生命の仕組み)における医学の常識になっています。   

通常のセンサーと同じ仕組みです。センサーはその先端で情報をキャッチして、情報がモニターに送られます。  途中の線を足で強く踏んだとしても、センサーが反応することはありません。何も起こりません。      

実は神経もセンサーと同じような仕組みになっています。ですから  神経の途中が骨で圧迫され痛みが起こるという整形外科の説明は、医学部で教える生命の仕組みと全く矛盾していることになります。      

なぜ、整形外科の医師は神経が痛いと言うのか?

私は患者さんの体に触れながら、実際に痛い所を探すのが施術の基本なので「あ~、ここの筋肉が痛んでいるんだな…」と分ります。ですから10年以上前から痛みは筋肉だとが分っていました。

しかし、ドクターが「生理学の痛みのメカニズム」で、『痛みは筋肉に起こる』と学んでいるのになぜ『骨がすり減って痛い』とか『神経が圧迫されて痛い』というのか理解できませんでした。

実際に痛い所を確認すれば、骨なのか筋肉なのかすぐに分かるので、「医師がこんなこと分からないはずがない」「もしかしたら、私が間違っているのだろうか?」と長年疑問を感じていました。

10年くらい前、加茂整形外科医院院長の加茂淳先生の著書『トリガーポイントブロックで腰痛は治る!』という本を読んでその疑問がやっと解決しました。加茂先生の本にはこのように書いてあります。    やっぱり整形外科のドクターは痛みが筋肉だということを知らなかったのです。 

 「痛みのメカニズムを知らない医師」  腰痛など筋骨格系の痛みのほとんどは、 筋肉のけいれんからくる「筋痛症」が原因です。 簡単に言うと、 筋肉の痛みです。 ところが、 医師の卵は、その肝心な 筋肉の生理学や病態についてはほとんど習わない のです。なぜか 現代医学から「筋肉」がすっぽり抜け落ちてしまっています。     
 
いまの医学教育では、「痛みのメカニズム」については、 基礎医学の生理学で 臨床の勉強を始める前にちょっと習うだけで、医師になる頃にはすっかり忘れている のが現状だと思います。     

つまり 痛みのメカニズムを忘れてしまった医師が、習ったことがない筋肉の病態を診ている のです。そして、  レントゲンやMRIや関節鏡で見える「骨格異常」が痛みの原因だと教えられ、疑うこともせず、そう思い込んでいる のではないでしょうか。 石川県にある加茂整形外科医院院長の加茂淳先生の著書『トリガーポイントブロックで腰痛は治る!』から一部抜粋
 ドクターの卵たちは、「痛みのメカニズム」ついて実はほとんど習っていないに等しいのです。それで医療の現場に出てから先輩に「神経が圧迫されるのが痛みの原因だ」「骨がすり減っているのが原因だ」と教えられ、全く疑うこともなく診断している  というのが現実のようです。

その背景には、   筋肉はレントゲンやMRIをで検査しても写らない、 そして 現代医学には「筋肉科」がない 為に、 筋肉のことを研究しているドクターもほとんどいない、 さらに 整形外科のドクターはレントゲン画像だけ見て、体を見ない   という現実があるように思います。

 では医学部の生理学で学ぶ痛みが起こる仕組みはどうなっているのか?こちらで詳しく解説します。「痛みのメカニズム」

変形性股関節症の本当の原因

私の施術は患者さんがどこが痛いかを確認することから始まります。実際にどこが悪いか分からないと解決できないからです。体に触れながら、実際に痛い所を探します。病院で変形性股関節症と診断された人も100人以上見てきました。

変形性股関節症の人の痛みを確認すると、実際に痛い部分は股関節ではなく下写真のように骨盤の付け根に沿って痛い人がほとんどです。(写真参照)これは何を意味するのでしょうか…?

レントゲンに筋肉の状態は写らないので分りませんが、骨盤に沿って「腰骨筋」という筋肉があります。 変形性股関節症の人が実際どこが痛いのか調べると、ほとんどの人はこの腰骨筋が痛んでいるのです。(押圧すると自分でも分ります。変形性股関節症と言われ悩んでいたら確認してみて下さい) 

腰骨筋の解説
 腸骨筋は太腿の骨大腿骨に股関節部分で結合し、股関節を固定している筋肉です。そして歩く時、走る時、階段を上る時などに足を持ち上げる働きをします。ですからこの筋肉が痛んでいると、足が上がりにくくなります。 

整形外科では「軟骨がすり減って、痛い、普通に歩行ができない」という説明になりますが、 私が実際に痛んでいる状態を確認した結果からすると「足を上げる筋肉が痛んでいるので、痛みが起こり、歩行がうまくできない」と言う結論になります。