ムチウチ症が病院で良くならない本当の理由

この記事では、 ムチウチ症が何年病院に通っても良くならないのはなぜか?どうしたら解決できるのか ということについて解説します。

整形外科で「骨は治っています!問題ありません!」と言われても、ムチウチの後遺症で悩んでいる人はいっぱいいます。一番信頼されるべき現代医学の整形外科がムチウチの解決にイマイチ成果を上げていない現実があります。どうしてでしょうか?

 「私の首の痛み苦しみはどうして良くならないの?」「どうしたら良くなるの?」と悩んでいらっしゃる方にお役立て頂けると思います。 

今日は!痛み解消スペシャリストの長岡です。

 私達が辛いのは痛みです!しかし「何年も病院通っているけど良くならない」「色んな治療院に行ったけど良くならない」「手術をしたけど痛みが取れない」などの状況で悩んでいる方がいっぱいいます。 

そんな方に  『痛みとは何なのか?』『どうして良くならないのか?』  という事について詳しくお話したいと思います。

ムチウチが起こるイメージ

上図は事故が起こった時、首にかかる衝撃のイメージです。本人は気が動転して一瞬何が起こったのかも分からない状況だと思いますが、追突時に首には強い衝撃が加わります。

頸部脊柱管の損傷イメージ

首に大きな衝撃が加われば、頸椎部分が損傷している可能性があります。ですから病院でレントゲンやMRI検査をして頂いて確認する必要があります。ここは整形外科の専門分野ですからドクターにお任せするしかありません。

整形外科的な問題が解決しても首や肩が辛い理由は…

 問題は整形外科的な問題が解決しても、首の痛みや色々な症状が解決しない場合です。 病院で「問題ありません!」と言われても、辛い後遺症に悩んでいる方がいっぱいいます。何故でしょうか?

 実は事故の衝撃で痛んでいるのは、首の骨だけではありません。首の周りにはたくさんの筋肉があります。それらの筋肉が痛んでいる可能性があります。 
頸部にある筋肉群

下の写真は私がムチウチで悩んでいる方を施術した写真です。お二人とも病院の検査では悪い所が見つかりませんでした。しかし、実際に首の痛い所を確認すると写真のように首や肩の筋肉が痛んでいることが分りました。非常に広範囲で痛んでいる状況が分ります。

ムチウチの状態を調べた写真(パッチを貼った部分の筋肉が痛んでいる)

しかし、 筋肉の損傷はレントゲンやMRIをで検査しても写りません。 そして 現代医学には「筋肉科」がなく、 筋肉のことを研究しているドクターもほとんどいない、 さらに 整形外科のドクターはレントゲンの画像だけ見て、体を見ないのが現代医学の現実です。 

 ここにあなたのムチウチ症状が中々解決しない一番の原因があります。 筋肉のことを研究している治療家はほとんどいないので、痛んだ筋肉を改善させる方法も分りません。

神経が痛いというのは誤解です。

整形外科でに行くと、あなたの辛い症状の原因は  「神経が圧迫されて痛みが起こっている」「神経が圧迫されてシビレが起こる」   と説明されると思います。

しかし、この説明にはおおきな矛盾があります。 実は現代医学で「痛みのメカニズム」(痛みが起こる仕組み)については生理学で学ぶ内容です。   その生理学で神経の働きについてどう書いてあるか紹介します。これは医師の卵たちが実際に講義で習う内容です。

  「痛みというのは通常、 神経線維の先端についている痛みセンサーだけがキャッチします。痛みセンサーが電気信号を伝えてはじめて、痛みが感知される のです。 神経の途中で痛みが発生したり感知されることはありません。 」   

石川県にある加茂整形外科医院院長の加茂淳先生の著書『トリガーポイントブロックで腰痛は治る!』から一部抜粋
神経のメカニズム
神経の仕組み

上図(神経の仕組み)をみると分りますが、   神経の先端には感覚受容器というセンサーが付いています。このセンサーが痛みの電気信号をキャッチすると、脳に伝わって痛みを感じます。   神経の途中にはこのセンサーがないので、圧迫されたりしても痛みを感じるという事はないというのが生理学(生命の仕組み)における医学の常識 です。  

通常のセンサーと同じ仕組みです。センサーはその先端で情報をキャッチすると情報がモニターに送られ、画像として見たりできます。   途中の線を足で強く踏んだとしても、センサーが働くことはありません。何も起こりません。   

神経もセンサーと同じような仕組みになっています。ですから   神経の途中が圧迫され痛みが起こるという説明は、医学部で教えている生理学の生命の仕組みと全く矛盾する説明ということになります。   

ドクターはどうして神経が痛いというのか?

私は、ドクターはちゃんと生理学の「痛みのメカニズム」で、『痛みは筋肉に起こる』と学んでいるのになぜ骨とか神経の問題にしてしまうのか理解できませんでした。

私は患者さんの体に触れながら、実際に痛い所を探すのが施術の基本なので「あ~、ここの筋肉が痛んでいるんだな」と分ります。ですから10年以上前から痛みは筋肉が原因で起きていることが分っていました。

実際に痛い所を確認すればすぐに分かる事なので、「医師がこんなこと分からないはずがない」「もしかしたら、私が間違っているのだろうか?」と長年思っていました。

その疑問が加茂整形外科医院院長の加茂淳先生の著書『トリガーポイントブロックで腰痛は治る!』という本を読んでやっと解決できました。やっぱり医師は分っていなかったのです。加茂先生の本にはこのように書いてあります。

 「痛みのメカニズムを知らない医師」 

  
  腰痛など筋骨格系の痛みのほとんどは、 筋肉のけいれんからくる「筋痛症」が原因です。 簡単に言うと、 筋肉の痛みです。 ところが、 医師の卵は、その肝心な 筋肉の生理学や病態についてはほとんど習わない のです。なぜか 現代医学から「筋肉」がすっぽり抜け落ちてしまっています。   
 
 いまの医学教育では、「痛みのメカニズム」については、基礎医学の生理学で  臨床の勉強を始める前にちょっと習うだけで、医師になる頃にはすっかり忘れている のが現状だと思います。  

つまり、   痛みのメカニズムを忘れてしまった医師が、習ったことがない筋肉の病態を診ている のです。そして、  レントゲンやMRIや関節鏡で見える「骨格異常」が痛みの原因だと教えられ、疑うこともせず、そう思い込んでいる のではないでしょうか。   石川県にある加茂整形外科医院院長の加茂淳先生の著書『トリガーポイントブロックで腰痛は治る!』から一部抜粋

 ドクターの卵たちは、「痛みのメカニズム」ついてほとんど習っていないに等しいのです。それで医療の現場に出てから先輩に「神経が圧迫されるのが痛みの原因だ」と教えられ、全く疑うこともなく診断している   というのが現実のようです。

その背景には、   筋肉はレントゲンやMRIをで検査しても写らない、 そして 現代医学には「筋肉科」がない 為に、 筋肉のことを研究しているドクターもほとんどいない、 さらに 整形外科のドクターはレントゲン画像だけ見て、体を見ない   という現実があるように思います。

 では医学部の生理学で学ぶ痛みが起こる仕組みはどうなっているのか?こちらで詳しく解説します。「痛みのメカニズム」

ムチウチを解決するために重要なこと

 ムチウチの後遺症が何が原因かを特定するのは正直難しいと思います。 まずは病院で検査を受けて骨の問題が見つかればそれを治さなければなりません。

 骨の問題が解決した状態でも辛い症状が残る場合は、筋肉の損傷を考える必要があります。 ただ病院には「筋肉科」がないので、いい解決方法はないと思います。(それがムチウチの後遺症がいつまでも長く残る原因です)

また、筋肉の問題だらと言って、 マッサージに行ってもんだり、リハビリで無理にひっぱったりするのも危険です。東洋医学で痛んだ筋肉は「もむな」「たたくな」「ひっぱるな」と言います。そういうことをすると逆に悪化することも良くあるからです。 

これまで 「いいと思ってマッサージに行ったら、その後動けなくなりました」 というような相談もたくさん頂きました。 これは筋肉をもんだり、叩いたり、引っ張ったりすると、筋肉の筋線維が痛んでしまう為です。 

 このホームページで紹介している「イオンシート」を貼ると、筋肉が痛んでいる場合はすぐに改善して違いが分かります。 けして高額なものではないので一度試して頂くのも方法だと思います。

詳しくは「首の痛み改善方法」をお読み下さい。