股関節の痛みと筋肉

股関節の痛み

股関節が痛くて普通に歩けず悩んでいる人もたくさんいます。病院に行くと大抵「変形性股関節症」(股関節の軟骨がすり減って変形)という診断を受けると思います。

手術を勧められるかも知れませんが、 実際に手術して股関節症は治っても、痛みはあまり変わらないという人もいっぱいいます。 

なぜ病院の治療で良くならないかは、次のページを参考にして下さい。このページでは痛みの原因と解決方法について詳しく解決したいと思います。

股関節の痛みが病院行ってもなかなか良くならない本当の理由

病院では股関節のどこが痛いかに関係なく検査します。そしてほとんどは変形性股関節症と診断されます。整形外科は骨格(骨)の問題を解決するのが専門なので、レントゲン等で骨の異常を検査して探すからです。

しかし、  本当はあなたが股関節のどこが痛いかが一番重要です。なぜならそこに痛んでいる本当の原因があるからです。  股関節痛の本当の原因と解決方法について解説します。

変形性股関節症とは

病院に行って「股関節」が痛いと言うと、股関節部分のレントゲン写真を見せられながら説明されます。「股関節の軟骨がすり減っているのが原因です」

変形性股関節症

レントゲンで分る事なので軟骨がすり減っているのは間違いありません。しかしそれが痛みの原因とは言えません。なぜなら、 骨には神経がないので、骨が痛いと言うことは医学的にあり得ないからです。 (次に詳しく解説)股関節の痛みが病院行ってもなかなか良くならない本当の理由

ちなみに股関節の手術とはどういうことか?説明します。すり減った軟骨部分を人工関節に置き換えます。骨を金属に交換するので、術後に起こる色々な問題をキチンと調べてから決断した方がいいようです。

人工股関節の手術イメージ

股関節の実際に痛い所を調べると…

これまで股関節が痛いと言う人を1,000人以上見てきました。実際にどこが痛いのか丁寧に調べると、股関節のすり減った部分(股関節の中奥の方)が痛い人はほとんどいませんでした。実際に痛みが見つかる所は次のような部分です。

実際に痛みが見つかる部分

病院ではレントゲンに写った骨の状態だけみます。実際に股関節のどこが痛いかまで調べるドクターはほとんどいないので分らないのですが、骨盤の一番出っ張っている所(腸骨)の周囲に、実際痛い所が見つかります。

ここに何があるかというと右のイラストのように太腿の骨(大腿骨)につながっている色々な筋肉があります。 実はこのような股関節の筋肉が痛んでいます。しかし筋肉の損傷はレントゲンには写らないので、「軟骨がすり減ったのが原因」となってしまう訳です。 

押圧すると分かるので、自分でどこが痛いか確認してみて下さい。骨でない事が分ります。

骨盤に沿って起こる股関節の痛み

 一番多いのは、骨盤に沿って見つかる股関節痛です。骨盤の骨の内側を押圧すると「ウッ!」と強い痛みが分ります。ほとんどの場合鼠径部まで続いています。それと合わせて、大腿骨の付け根部分にも痛みが見つかることが良くなります。 

股関節のどこが痛いのか調べた写真

股関節痛の解消方法

実際にどこが痛んでいるか確認しながら(これが一番重要)、下の写真のようにイオンシートを半分の大きさに切ったものを貼って行きます。

イオンシートを使った治療例

貼り終わったら歩いて見て下さい。足がすごく軽くなって、股関節の痛みも楽になったのが分かると思います。

股関節が痛い場合は、足の方まで痛んでいるケースがほとんどです。足の痛みに関する記事を参考にして一緒に解決して下さい。