太腿の痛みと筋肉

太腿が痛む原因

高齢になると筋肉の老化に伴い太腿が痛んで来る人も多くなります。その場合、膝の方まで痛みが起こったり、力が入らなくなり、歩行や階段の上り下りも苦労するようになります。

また、 スポーツを頑張っている人も色々な足の問題を抱えている人が少なくありません。 小学生から中学、高校、大学、そして社会人に至るまで、限界を超えるような練習で足を痛めているアスリートがたくさんいます。

これらのほとんどは足の筋肉の問題です。しかし筋肉の損傷はレントゲンやMRIに写りません。ですから病院の検査では原因が分らない場合が多くなります。そして筋肉の損傷は手術や薬で解決できないのが今の医学の現実です。

過酷なトレーニングは筋肉を痛めると同時に、骨に異常が見つかることもあります。この場合「骨の異常が原因」と言うことで手術しますが、実際の痛みの原因は筋肉なので、術後も痛みが解決しない場合が多くなります。

太腿の痛みは、痛みが起こる部分に分けると次の5つのパターンがあります。これらの要因がいくつか組み合わさって、太腿の痛みになっている場合がほとんどです。

  • 太腿の外側に痛みが起こるケース
  • 太腿の中央に痛みが起こるケース
  • 太腿の内側に痛みが起こるケース
  • 太腿の裏側に痛みが起こるケース1
  • 太腿の裏側に痛みが起こるケース2

このページでは太腿に痛みが起こるケースごとに、原因と解決方法について詳しく解説します。

太腿の外側が痛い

太腿の外側に痛みが起こるケース

太腿の外側に全体に痛みが起こるケースは非常に多くあります。これは下図で分るように太腿の外側広筋という筋肉が痛んでいる状態です。

太腿外側の痛い所にパッチを貼って調べた写真

太腿外側の治療方法

太腿の痛い部分を手の甲で軽く押圧します。すると実際に痛んでいる部分がハッキリ分ります。そして筋肉が硬くなっています。その痛んでいる部分全体に「イオンシート」を貼ります。

イオンシートを使った太腿外側の治療例

右写真のように、実際に調べてみると太腿の外側部分だけでなく、太腿の中央部分や裏側まで広い範囲で痛んでいる場合も少なくありません。

ほとんどの場合、貼るとすぐに痛みが激減します。足も軽くなって歩行が楽になるのが分ります。

太腿の中央(真ん中)が痛い

太腿の中央に痛みが起こるケース

立ち上がったりする時に、太腿の真ん中全体に痛みが起こり、力が入らないケースも多くあります。これは下図のように太腿の大腿直筋という筋肉が痛んでいる状態です。

太腿中央部分の痛い所にパッチを貼って調べた写真

太腿中央の治療方法

太腿真ん中の痛い部分を手の甲で軽く押圧します。すると実際に痛んでいる部分がハッキリ分ります。大抵筋肉が硬くなっています。その痛んでいる部分全体に写真のように「イオンシート」を貼ります。

イオンシートを使った太腿中央の治療例

左写真は太腿中央全体が痛んでいますが、右写真のように、実際に調べてみると太腿の中央だけでなく、太腿の外側や内側、さらに膝まで広い範囲で痛んでいる場合も少なくありません。足に負荷のかかる仕事をされている可能性があります。

ほとんどの場合、貼るとすぐに痛みが激減します。足もスーッと軽くなって、イスから立ったりするのもすごく楽にできるのが分ります。

太腿の内側が痛い

太腿の内側に痛みが起こるケース

歩行時や階段の上り下りする時、太腿の内側に痛みが起こるケースがあります。これは写真のように太腿の内側にある内側広筋という筋肉が痛んでいる状態です。

太腿内側の痛い所にパッチを貼って調べた写真

太腿内側の治療方法

太腿内側の痛い部分を手の甲で軽く押圧します。すると実際に痛んでいる部分がハッキリ分ります。そして大抵筋肉が硬くなっています。その痛んでいる部分全体に写真のように「イオンシート」を貼ります。

イオンシートを使った太腿内側の治療例

左写真は太腿の内側が痛んでいる状態ですが、右写真のように、実際に調べてみると太腿の内側だけでなく、太腿の外側や中央まで広い範囲で痛んでいるケースも少なくありません。

ほとんどの場合、貼るとすぐに痛みが激減します。足もスーッと軽くなります。すぐに歩いて見て下さい。痛みもなく楽に歩けるのが分ります。

太腿の裏側(真ん中よりやや外側)が痛い

太腿の裏(真ん中よりやや外側)に痛みが起こるケース

歩くと太腿の裏側(真ん中より外側部)に痛みが起こったり、苦しくなって歩けない場合があります。この場合は写真のように太腿裏の大腿二頭筋という筋肉が痛んでいます。多くの場合膝の裏側まで苦しくなります。

太腿裏側の痛い所にパッチを貼って調べた写真

太腿裏側の治療方法

うつぶせになった状態で太腿裏側の痛い部分を手の甲で軽く押圧します。すると実際に痛んでいる部分がハッキリ分ります。そして筋肉が硬くなっているのが分ります。その痛んでいる部分全体に写真のように「イオンシート」を貼ります。

イオンシートを使った太腿裏側の治療例

上の写真は太腿の裏側が痛んでいる状態ですが、下写真のように、実際に調べてみると太腿の裏側だけでなく、太腿の外側まで広範囲で痛んでいるケースが少なくありません。

ほとんどの場合、貼るとすぐに痛みが激減します。足もスーッと軽くなり、痛みもなく楽に歩けるようになったのが分ります。

太腿の裏側(真裏)が痛い

太腿の真裏に痛みが起こるケース

歩いたり走ったりすると、太腿の真裏に痛みが起こる事があります。寝ると足がまっすぐに伸びない状態になっている場合が多いです。この場合は下写真のように太腿の裏にある半腱様筋という筋肉が痛んでいます。

太腿真裏の痛い所にパッチを貼って調べた写真

太腿裏側の治療方法

うつぶせになって太腿裏側の痛い部分を手の甲で少し強く押圧します。すると痛んでいる部分がハッキリ分ります。筋肉が硬くなっているのが分ります。その痛んでいる部分全体に左写真のように「イオンシート」を貼ります。

イオンシートを使った太腿真裏の治療例

上右の写真のように、実際に調べてみると太腿の裏側だけでなく、太腿の外側やふくらはぎまで痛んでいるケースも少なくありません。太腿全体を確認して下さい。

ほとんどの場合、貼るとすぐに痛みが激減します。そして足がスーッと軽くなって、寝ると足が伸びているのが分ります。痛みもなく楽に歩けるようになるはずです。