手首・指の痛みやシビレと筋肉

手首の痛みと筋肉

手首や指の痛みやシビレで悩む人も多いと思います。手が思うように使えないと仕事や生活にも支障が出ます。

 手首や指の痛み・シビレのほとんどの原因は手の筋肉にあります。しかし筋肉の痛んでいる状態はレントゲンやMRIを撮っても写りません。ですから病院の検査では原因が分らない場合が多くなります。 

 病院で「手首が痛い」とか「指が痺れます」と言うと、大抵腱鞘炎という診断になり手術を勧められます。しかし、実際に手術をした方のお話を聞くと、手術しても痛みやシビレが解決しないケースも多いようです。逆に悪化したケースもよく聞きます。 

 手首や指のどこがどのように痛んでいるのか丁寧に調べてみると、ほとんどは筋肉に起こっていると分ります。しかし、先ほども言いましたが筋肉の痛んでいる状態はレントゲン等では分りません。 

 たとえ分ったとしても、筋肉の損傷は手術や薬で解決できないのが今の医学の現実です。シップ薬や痛め止めを処方するくらいしかありません。 

 手首が痛んでいると、指の方まで痛んでいるケースが多くなります。これは指を動かす筋肉が手首を通って指に繋がっているためです。 

このページでは手首と指に痛みやシビレが起こるパターン別に、原因と解決方法を詳しく解説します。あなたの解決の参考にして下さい。

手首には色々な筋肉が通っているので少し分りにくい内容かもしれません。しかし分からないと自分で解決できないという訳ではありません。面倒な場合は一番最後の結論「手首や指の治療方法」だけお読み頂いても大丈夫です。

手首の筋肉

手首には色々な筋肉があります。別に覚える必要はありませんが「手首にはこういう筋肉があるんだ」くらいに理解頂ければと思います。

 手首を回す(ひねる)筋肉 

雑巾を絞る時に働く

 手首を曲げる筋肉 

手招きなど手首を前に曲げる時働く

 手首を反らす筋肉 

フライパンをあおる等手首を反らせる時に働く

 指を曲げる筋肉 

物をつかんだり指を曲げ時に働く

 指を伸ばす筋肉 

指を大きく開いて指を伸ばす時働く

 親指の曲げ伸ばし筋肉 

指相撲など親指を動かす

一口に「手首が痛い」と言っても実際に痛い手首の部分は個人個人違います。手首に痛みが起こる部分別に原因となる筋肉を解説します。多くは仕事やスポーツでそれらの部分にある筋肉を酷使してるのが直接的な原因です。

手首が痛い➀(手首の手の甲側が痛い)

手首の甲側には指を伸ばす筋肉が多くあります。これらの筋肉が手首で痛んでいると手を大きく開くことができなくなります。

手首が痛い②(手首の手の平側が痛い)

手の平側にはさらに多くの重要な筋肉が通っています。指を曲げたり、手首を回したり日常生活に欠かせない働きをする筋肉があります。

「手をひねると痛い」「手に力が入らない」などの症状は、手首の内側に問題がある可能性が高くなります。

手首が痛い③(手首の内くるぶし周りが痛い)

親指の付け根にある内くるぶし周辺が痛むことも多くあります。ここは親指に関係する筋肉が通っているので、親指の動きにも問題が起こります。

手首が痛い④(手首の外くるぶし周りが痛い)

小指の下方にある外くるぶしの周囲には、手首の動きに関係する筋肉があります。例えば「手の平を机に強く押し当てると痛い」などの症状は、この辺の筋肉に問題がある可能性が高いです。

手首と指の痛みやシビレ

手首に問題があると、手の平や手の甲、そして指の方まで痛みやシビレが起こる場合も少なくありません。これは指の曲げ伸ばしをする筋肉が手首~手の平~指先まで伸びているからです。

筋肉の痛んでいる状態はレントゲンやMRIに写らないので、病院の検査では「腱鞘炎」と診断されることが多くなります。しかし実際に痛い部分を調べると、次の写真のように筋肉が痛んでいると分ります。

手首から指の痛みを調べながらパッチを貼った写真1
(浅指屈筋が痛んでいることが分ります)
手首から指の痛みを調べながらパッチを貼った写真2
(浅指屈筋と長母指屈筋が痛んでいることが分ります)
手首から指の痛みを調べながらパッチを貼った写真3
(浅指屈筋と長母指屈筋が腕まで痛んでいることが分ります)

指の痛みやシビレは、良く使う親指や人差し指に起こるケースが多いです。しかしその他の指が痛んでいる場合もあります。指の痛みは自分で指を押圧しても分るので、シビレや動きがおかしいなどの違和感を感じたら確認してみて下さい。

手首と指の痛みやシビレ治療法

最期にイオンシートを使った痛みやシビレの治療方法を事例で紹介します。写真は、アルバイトでホテルの皿洗いを数年続けた結果、手首から手の平、指まで痛みとシビレが起こるようになって、右手がほとんど使えなくなった方の例です。

これまで「腱鞘炎」という方は1,000人以上治療しましたが、ここまで手が痛んでいるケースはありませんでした。ここまで酷くはありませんが、腕~手首~手の平や甲~指まで痛んでいる場合も多いので、治療の参考になると思います。

 手首(手の平側)~手の平~指の治療例 

  • 治療解説(手首)押圧して痛んでいる部分が大体分ったら、半分の大きさに切ったシートを痛い部分にペタッと貼ります。
  • 治療解説(手の平)押圧すると分りますが指の付け根の部分が痛みます。付け根のしわ部分に2列に切ったシートを貼ります。
  • 治療解説(指)指も押圧すると分りますが関節部分がよく痛みます。シートをシール3枚分の大きさに切ってぐるっと指に巻くように貼ります。
  • 治療解説(前腕:肘から手首まで)ここも押圧すると実際に痛んでいる部分が分るので、痛んでいる部分全体に貼ります。「肘の痛みと筋肉」を参考にして下さい。

 手首(手の甲側)~手の甲~指の治療例 

  • 治療解説(手首)押圧して痛んでいる部分が大体分ったら、半分の大きさに切ったシートを痛い部分(手首全体)にペタッと貼ります。
  • 治療解説(手の甲)押圧すると分りますが指と指の間が痛んでいます。手の甲に半分に切ったシートを貼ります。
  • 治療解説(指)指も押圧すると痛んでいる部分が分ります。シートをシール3枚分の大きさに切って指に巻くように貼ります。
  • 治療解説(前腕:肘から手首まで)腕の痛みも押圧すると実際に痛んでいる部分が分るので、痛んでいる部分全体に貼ります。「肘の痛みと筋肉」を参考にして下さい。

 手首(内くるぶし)~指の治療例 

  • 治療解説(手首)押圧して外くるぶし周りが痛んでいると分ったら、半分の大きさに切ったシートを痛い手首部分に貼ります。

 手首(外くるぶし)~指の治療例 

  • 治療解説(手首)押圧して外くるぶし周りが痛んでいると分ったら、半分の大きさに切ったシートを痛い手首部分に貼ります。

痛みは体の電気現象です。