アンチエイジングや顔のアレルギー症状にも使えるメディカルイオンシートスぺシャル

イオンシートスペシャルとは?

通常の『メディカルイオンシート』は、表面の剥離紙をはがして腰や膝などの体の痛い部分にペタッと貼るとすぐに痛みがスーッと消える商品です。

『イオンシートスペシャル』も基本的には同じですが、体に貼り付けるための糊を使っていません。シートそのものが粘着性をもった特殊なゲルという商品を使い、それにシールを貼り付けています。

ゲルは何回か使うと粘着力が弱くなりますが、洗うとまた粘着力が復活します。顔のアンチエイジングを目的に20~30回繰り返し使えるようにした商品です。

顔は表情筋の衰えと共に老化します。このシートを顔の気になる部分に1回10~15分程度繰り返し貼ると、表情筋が活性化(若返り)してきます。

これは今から50年程前、高田蒔医学博士が宇宙医学の研究から発見した「マイナスイオンを体の中に入れてやると細胞が若返る」という内容を応用しています。

最初半信半疑で試した事例ですが紹介します。

私は美容を仕事にしている訳ではありません。「メディカルイオンシート」の応用実験の一環で20人ほど試しました。その時の結果を一部ご紹介します。

アンチエイジング事例①

下の目元写真は向かって左が何もしない状態、右側が4回施術した状態です。わざと顔の片側だけ4回やったら、明らかに違いが分かりました。さらに繰り返しやった結果が下の写真です。

50代女性:顎のラインと目の周りの小じわが気になる

アンチエイジング事例②

50代女性:特に目じりのしわが高級化粧品を使っても薄くならず気になる

アンチエイジング事例③

20代女性:顔がむくみやすい(写真は1回のビフォーアフター)

アンチエイジング事例④

30代男性:顔がむくみやすい(写真は1回のビフォーアフター)

色々な症状に活用できるイオンシートスペシャル

顔のアンチエイジングだけではなく色々な症状に試した結果、アレルギーなどにも短時間で改善が見られることが分りました。これまで試して改善が見られた症例をご紹介します。

➀部分的なアトピー症状

全身にアトピー症状がある場合は、自律神経調整術で段々改善されていきます。顔や肘など部分的なアトピー症状を改善したいという相談も頂きました。シートをその部分に貼るとかゆみ、症状が軽減します。

②小児喘息

小児喘息の場合、まずシートを喉部分に貼って試してみて下さい。非常に高い確率で症状が軽減します。重度の小児喘息であれば、奇経療法を使いますが、比較的症状が軽いとシートで解決する可能性があります。

③顔のアレルギー症状

アレルギー症状が顔にでて肌が荒れている女性の方も時々見受けられます。気になる部分にシート貼ると症状が軽くなります。また朝顔がむくむ人も、2~3分シートを当てると、数キロやせたようなスッキリした顔になります。

④顎関節症

顎関節痛で大きく口を開けられないという方も最近増えています。軽く押圧して顎関節の痛い部分を確認しシートを貼ると、すぐに痛みが軽減し口を大きく開けるようになります。顎の動きがすごく楽になります。

⑤花粉症(鼻)・鼻炎・鼻水

ティッシュで鼻をかむ時の要領で、シートを鼻に2~3分押し当てると鼻の通りが良くなりス~と良くなります。気になる時にそれを何回か繰り返すと、1週間くらいで気にならない状態に改善します。

⑥花粉症・ドライアイ・涙目・眼精疲労

「花粉症で目がかゆい」「目が疲れる」「ドライアイ」「涙目」などの症状の場合、目にシートを2~3分押し当てると症状が改善します。辛い時何回か繰り返すと、いつの間にか症状が起こらなくなります。

イオンシートスペシャルはこんな感じで使います。基本は気になる部分にシートを当てるだけです。アレルギーは2~3分で変わる場合が多く、アンチエイジングは朝晩15分くらいがお勧めです。もちろん長時間貼っても問題ありません。

価格は2枚組で4,000円と少し高額ですが、繰り返し使えるので通常のメディカルイオンシートより安価になる計算です。

体のあっちこっちが痛くてシートが大量に必要な場合は『メディカルイオンシート』、アレルギー症状や肩こりなど部分的な症状に繰り返し使いたい場合は『イオンシートスペシャル』をお勧めしています。

あなたも痛みでお悩みではありませんか?

コロナ問題で病院や治療院にも行けず辛い痛みに精神的にも参っている人がたくさんいらっしゃいます。

コロナの問題はまだ当分続きますが、予防することはできます。痛みも自宅に居ながら自分で解決できる方法が開発されました。

二人の天才医学博士の研究を元に開発されたメディカルイオンシートをぜひ試してみて下さい。シートが届いたその日に痛みが50%~100%楽になります。