肩甲骨周りの痛みと筋肉

肩甲骨の痛み

肩甲骨の周りの痛みで悩んでいる人もたくさんいます。病院に行くと頸椎ヘルニアなどの診断を受けるかもしれませんが、長年治療を続けても一向に良くならない人も多いと思います。

なぜ病院の治療で良くならないかは、次のページを参考にして下さい。このページでは肩甲骨周りの痛みの原因と解決方法について解決したいと思います。

頚椎ヘルニアが病院に行っても良くならない理由

あなたが「肩甲骨の付け根が痛いです」と訴えても、病院ではどこが痛いかは関係ありません。ドクターは「頸椎(首の骨)の問題だろう」と考えます。ですから首の骨の状態を検査して、頸椎ヘルニアなどの診断になります。

整形外科は骨格(骨)の問題を解決するのが専門なので、骨に異常がないかどうか見るのは当然です。しかし、  本当はあなたが首のどこが痛いかが重要です。なぜならそこに痛んでいる本当の原因があるからです。  

肩甲骨が痛い場合、  大きく分けて「肩甲骨の付け根が痛い」か「肩甲骨の上が痛い」がほとんど  だと思います。その原因と解決方法を解説します。

肩甲骨の付け根が痛い

肩甲骨の付け根が痛い場合は、下左図のように肩甲骨の付け根に沿って痛みが見つかります。さらに背骨の方にも痛みを感じる場合が多いと思います。

肩甲骨の付け根に見つかる痛み

背骨と肩甲骨の間には、「菱形筋」という筋肉があります。肩をすくめたりする時に働く筋肉です。「菱形筋」は背骨と肩甲骨につながっているので、接続部分の肩甲骨付け根と背骨の付け根が痛みやすくなります。

酷いと「菱形筋」全体が痛んでいる場合もあります。その場合は背骨と肩甲骨の間にも痛みが見つかります。さらに、やはり肩をすくめる時に働く  「肩甲挙筋」(肩こりになる筋肉)も痛んでいる可能性が大です。  

肩甲骨の上が痛い

肩甲骨の上に痛みを感じる場合があります。その場合は、肩甲骨の上、腕の裏部分にある  「棘下筋」という筋肉が痛んでいます。  押圧すると実際痛んでいるのがすぐに分ります。

肩甲骨の上に見つかる痛み

肩甲骨の痛みの解決方法

左の写真は、実際にどこが痛んでいるのか丁寧に確認しながら、痛い所にパッチを貼って調べたものです。実際には先に解説した痛み易いポイント全部が悪い場合も少なくありません。(押圧すると分ります)

押圧して実際に痛い所を確認しながら、右写真のようにイオンシートを貼ると簡単に解消できます。イオンシートを貼ると、すぐに肩が軽くなって、動きがスムーズになるのが分ります。

あなたも痛みでお悩みではありませんか?

コロナ問題で病院や治療院にも行けず辛い痛みに精神的にも参っている人がたくさんいらっしゃいます。

コロナの問題はまだ当分続きますが、予防することはできます。痛みも自宅に居ながら自分で解決できる方法が開発されました。

二人の天才医学博士の研究を元に開発されたメディカルイオンシートをぜひ試してみて下さい。シートが届いたその日に痛みが50%~100%楽になります。