膝の裏が痛い場合の膝痛原因と解消代替医療

こんにちは。筋肉が原因で起こる痛み解消の専門家長岡幸弘です。

代替医療とは手術や薬以外の解決方法の事を言います。私達の色々な症状をすべて薬と手術だけで解決できればいいですが、解決できない症状もたくさんあります。

その一つが筋肉の損傷が原因で起こる痛みです。筋肉の老化も広い意味で筋肉が痛んでいる状態です。

痛んだ筋肉を回復させる薬はありませんし、手術することもできません第一、『筋肉科』がないので筋肉の事を研究しているドクターさえほとんどいないのが今の医療の現実です。

内科に外科、皮膚科まであるのに、どういう訳か筋肉科だけありません。私達の体は筋肉でできていると言ってもいいくらい全身筋肉で覆われているのに、骨の専門科はあっても筋肉の専門科はありません。(不思議です…)

膝痛でお悩んでいる方は本当にたくさんいらっしゃいます。治療に来られる方も腰痛の次に多い症状です。実はこの膝痛も筋肉が原因で起こる痛みです。

たぶんほとんどの人は『膝痛』と聞くと、膝の痛い所はみんな同じだと考えているかも知れません。確かに病院の整形外科に行って、レントゲンを撮って検査すると大抵「変形性膝関節症」という診断をされます。ほとんどの人が同じ診断です。

レントゲン写真を見れば分かることなので、軟骨がすり減っているのは間違いありません。しかし、それはあなたの骨の問題について言っている訳で、あなたの膝の痛みの原因とは言えません。

「え~!?何を言っているんだろう」と思うかも知れません。もう少し詳しくお話します。次の写真を見て下さい。

左はドクターが見ているあなたの膝の写真です。整形外科は骨を治すのが専門ですから、レントゲンを撮って膝の骨の問題を調べる訳です。

右の写真は実際の膝の状態です。実際の膝は、周りに筋肉や腱が取り囲んでいます。歩いたり膝を曲げたりできるのは、これら筋肉や腱があるからです。

私は骨の専門家ではなく、痛みを解決する専門家ですから、実際に膝のどこが痛いのかを調べます。患者さんに痛みが起こる部分を聞き、膝を軽く押圧したりしながら痛んでいる部分を探します。

すると…。たぶんあなた様もそうだと思いますが、膝がすり減って骨と骨がぶつかる部分(皿の中奥)が痛いという人は一人もいません。確かに骨がすり減っているのは間違いありませんが、実際に話を聞きながら調べると骨と骨がぶつかる部分が痛いという人はいないのです。

私は若い頃、国立大学の医学部でドクターの研究助手をしていたので少し詳しいのですが、痛みは神経の問題です。ところが骨自体には神経がありません。ですから骨がすり減ってぶつかって痛いと言うことは医学的に考えられないのです。

実際に痛みが起こる部分を知らべると、6つのパターンがあります。これらの要因がいくつか組み合わさって、膝の痛みになっている場合がほとんどです。

  1. 膝の内側が痛い膝痛
  2. 膝の皿の上が痛い膝痛
  3. 膝の外側が痛い膝痛
  4. 膝の皿の周りが痛い膝痛
  5. 膝の皿の下が痛い膝痛
  6. 膝の裏が痛い膝痛

恐らくあなたの膝痛もこの中のどれかに当てはまるはずです。このページでは「膝の裏が痛い場合の膝痛の原因と解消法」についてご紹介します。

膝の裏が痛い場合の膝痛原因①

写真は膝の裏が痛くて歩くのが辛い人です。実際どこが痛いか確認しながら1枚1枚パッチを貼って調べた写真ですが、膝の裏全体が痛んでいるのが分ります。

膝裏の痛みを調べた写真

この状態をレントゲンに撮っても、左の写真のように骨の状態しか写りません。っですから整形外科では、骨のすり減ったのが原因という結論になります。

しかし実際の膝裏と比較すると、膝の裏にある筋肉が痛んでいる状態だと推察できます。ただ膝裏の筋肉はレントゲンに写らないので病院の検査では分りません。

膝の裏が痛い場合の膝痛解消代替医療➀

写真は膝の裏が痛い場合の治療方法です。押圧して痛んでいる部分を確認し、痛い所に「イオンシート」を貼ります。すぐに楽に歩けるようになります。

膝の裏が痛い場合の膝痛原因②

太腿の裏側(真ん中より外側部分)に痛みが起こり苦しくなって歩けないという人がたくさんいます。痛みまで行かなくてシビレを感じるケースもありますが、原因と症状は同じです。

この場合は写真のように太腿裏の大腿二頭筋という筋肉が痛んでいます。多くの場合膝から太腿裏側、ふくらはぎの横まで痛んでいて苦しくなります。

膝の裏が痛い場合の膝痛解消代替医療②

うつぶせになった状態で太腿裏側の痛い部分を手の甲で軽く押圧します。すると実際に痛んでいる部分がハッキリ分ります。

そして筋肉が硬くなっているのが分ります。その痛んでいる部分全体に写真のように「イオンシート」を貼ります。

太腿裏の大腿二頭筋という筋肉だけが痛んでいる場合もありますが、下写真のように太腿の「外側広筋」という筋肉まで痛んでいるケースも多くあります。

『病院では分らない太腿の痛み』の記事も参考にして下さい。

膝の裏が痛い場合の膝痛解消の確認方法

シートを大体貼り終ったら、歩いて痛みが起こるかどうか確認します。痛みが全然起こらない状態になったら成功です。通常が足がすごく軽くなります。

もし、最初と違う部分に痛みを感じたり、違和感があればそこの部分を押圧して確認します。すると痛んでいる部分が見つかるので、そこにシートを追加して貼ります。他の悪い所がだんだん分るようになってきます。

膝の裏から太腿にかけて痛みを確認しながらを追加して貼ることを数回繰り返すと、ほとんど痛みが気にならない状態まで改善します。

膝の裏が痛い場合の膝痛治療後の対応

肌が弱い人は2~3時間シートを貼ったらはがして下さい。(肌が負ける場合があります)

それほど肌が弱くない場合は半日くらいとか、お風呂に入るまでとか貼ってもかまいません。長く貼ることに越したことはありませんが、肌が負けない範囲で調整して下さい。

大切なのはシートをはがした後、痛みが戻るかどうかです。そのまま1回で痛みが戻らなくなったら一番いいのですが、1回で回復できなくて数日して痛みが少し戻る場合もあります。

痛みが1~2日くらいで戻る場合は、ダメージが完全に回復していない状態でもう少し治療を続ける必要があります。。戻ったらすぐにシートを貼って治療して下さい。

今度は3~4日くらい持つようになります。そうやって段々伸びていきます。1週間痛みが戻らずいい状態が続くとほぼ回復と考えていいです。

痛みが1週間戻らずいい状態が続くようになると、ずっと何年も大丈夫な場合が多くなります。永遠に大丈夫と言えないのは、筋肉はどうしても使うので無理をしたりするとまた痛んだりすることもあります。

しかし膝の裏に痛みが起こる場合の原因と解決方法を覚えれば、もし痛みが戻ったとしてもまたすぐに自分で解決できるので心配はありません。

あなたも痛みでお悩みではありませんか?

コロナ問題で病院や治療院にも行けず辛い痛みに精神的にも参っている人がたくさんいらっしゃいます。

コロナの問題はまだ当分続きますが、予防することはできます。痛みも自宅に居ながら自分で解決できる方法が開発されました。

二人の天才医学博士の研究を元に開発されたメディカルイオンシートをぜひ試してみて下さい。シートが届いたその日に痛みが50%~100%楽になります。