膝の内側が痛いの原因と解消代替医療

この記事では、膝の内側が痛い膝痛で悩んでいらっしゃる方の為に、痛みの原因と自宅で実践できる解消代替医療(手術・薬以外の方法)について解説します。

病院や治療院に行っても膝の痛みがなかなか治らないという方にお役立ていただけます。

こんにちは!痛み回復サポートセンターの長岡幸弘です。

「歩くと膝の内側が痛い!」「膝を曲げると内側が痛い!」とお悩みではありませんか?

そんな方の為に、この記事では膝の内側に痛みが起こる原因と解消方法について実際の施術写真入りで紹介し、本気で痛みを解決したいあなたのお役に立てるように、私が長年実践し患者さんから「魔法見たい!」と言われている解消方法をご紹介します。

ここでのノウハウを取り入れて実践することで、あなたも自宅で膝の痛みを解消出来るようになります!

こんな症状の方にお勧めの記事です!
  • 膝の内側が曲げると痛い
  • 膝を伸ばすと内側が痛い
  • 階段を下りる時膝の内側が痛い
  • あぐらをかくと膝の内側が痛い
  • 歩くと膝の内側が痛い
  • 膝の皿の内側が痛い
  • 膝の内側を押すと痛い

膝の内側が痛い

 

膝が痛いの原因は?

一口に膝が痛いと言っても、実際に膝の痛い部分は一人一人違います。膝の内側が痛いと言う人もいるし、膝の外側が痛い、膝の裏が痛い、膝の皿の上が痛い、膝の皿の下が痛い、膝の周りが痛いと様々です。

たぶんほとんどの人は『膝痛』と聞くと、膝の痛い所はみんな同じだと考えているかも知れません。しかし実際は違います。同じ膝痛なのになぜこのように違いが起こるのか?原因は何か?についてお話します。

初めに整形外科行くと疑われる膝の痛みの原因についてお話します。

▶整形外科の膝が痛いの原因

膝が痛くて病院の整形外科に行くと痛みの原因として次のような内容が疑われます。

  • 変形性膝関節症(一番多い診断で膝軟骨のすり減ったのが原因)
  • 骨折(いわゆる骨の骨折です)
  • 半月板損傷(膝関節の間にある三日月形をした軟骨の損傷)
  • 膝靭帯損傷(交通事故やスポーツによる膝の靭帯に損傷)
  • 関節リュウマチ(免疫の異常により関節が炎症し軟骨や骨が破壊されて関節が変形)
  • 膠原病(免疫が自分の全身の組織や臓器を攻撃して破壊)
  • 痛風(尿酸過剰で炎症が起こり腫れや痛みを生じる病気)

整形外科は骨格系(骨)の問題を治す専門科ですから、当然骨折や軟骨のすり減りによる神経の圧迫などの原因を疑いレントゲン等で検査します。

骨折や病気が明らかに痛みの原因であればこの記事では扱いません。骨折等は整形外科が専門ですからそちらに相談するのが解決の一番近道です。

実際には骨折や難病が原因で膝痛が起こるケースは多くありません。整形外科で一番多く膝痛の原因とされるのが「変形性膝関節症」です。膝痛=変形性膝関節症と言ってもいいくらいです。

しかし、少し医学を勉強すると分かりますが 膝痛=変形性膝関節症 という考え方にはいくつか問題があります。そして、膝の痛みは整形外科に長年通っても手術をしても良くならないケースも多いのが現実です。

なぜこのような膝の痛みが起こるのか?どうして整形外科で良くならない人が多いのか?について解説したいと思いますが、膝の痛みがなぜ起こるのか?をお話する前に痛みとは何か?について簡単に解説したいと思います。痛みとは何か?が分からないと解決方法も分らないからです。

▶痛みとは何か?

基本的に「痛み」は、身体に何らかの異常や異変が生じていることに気づかせるために起こります。

膝が痛いと通常私達は整形外科に行きます。整形外科は骨折など骨格系(骨)の問題を治す専門科です。ですからレントゲンなどで検査して骨の問題がどこにあるか調べます。

その結果、ほとんどの整形外科のドクターは、軟骨のすり減りや神経が圧迫されて痛みが起こると説明します。その結果に基づいて薬を処方し手術を勧めたります。

整形外科で説明する膝痛の原因

しかし、私は若い頃、文部技官という技術系の国家公務員に採用され、国立大学の医学部でドクターの研究助手をしていたことがあります。それで詳しいのですが、実は近年このような整形外科の骨格(骨)異常が痛みの原因とする判断には大きな問題が指摘されています。

まず最初の問題は骨がすり減って痛いという考え方です。医学の知識がない人でも分りますが、骨自体には神経がありません。ですから骨がすり減って痛いと言う説明は医学的におかしい説明になります。

そして次の問題は神経が圧迫されると痛いと言う考え方です。「え~ウソでしょう!」と言われるかも知れませんが、実はドクターが医学部の学生(医者の卵)の時に学んでいる痛みの原因と全く違うのです。

▶神経が圧迫されて痛みが起こるは本当か?

痛みがどうして起こるか?つまり痛みが起こる仕組みについて医学部にいるドクターの卵達は「生理学」という授業で学びます。基礎医学の生理学の教科書にどのように書いてあるかポイントだけご紹介します。

石川県にある加茂整形外科医院院長の加茂淳先生の『トリガーポイントブロックで腰痛は治る!』という著書に分り易く解説されていますので抜粋してご紹介します。

整形外科専門医/リウマチ専門医/心療内科登録医/筋筋膜性疼痛症候群(MPS) 研究会名誉会長

「痛みというのは通常、神経線維の先端についている痛みセンサーだけがキャッチします。痛みセンサーが電気信号を脳に伝えてはじめて、痛みとして感知されるのです。神経の途中で痛みが発生したり、感知されることはありません」

『トリガーポイントブロックで腰痛は治る!』加茂整形外科医院院長加茂淳先生の著書引用

神経のメカニズム

上図の神経の仕組みを見ると分かりますが、神経は簡単に言えばセンサーです。痛みの電気的な信号をキャッチすると脳に伝える役割をしています。

神経の先端がセンサーになっています。神経の途中にはセンサーが付いていないので、痛みを感じることはないというのが生命の仕組みから分っています。

ですから整形外科で『神経が圧迫されて痛い』という説明は医学部の学生だった時に学んだ内容と違っていることになります。

医師がこのような内容まで患者さんに教えることはありません。

▶痛みのメカニズムを忘れてしまった医師

加茂整形外科医院院長の加茂先生はこのことについて次ように言っています。

今の医学教育では、「痛みのメカニズム」については、基礎医学の生理学で臨床の勉強をはじめる前にちょっと習うだけで、医師になるころにはすっかり忘れているのが現状だと思います。

つまり痛みのメカニズムを忘れてしまった医師が、習ったことがない筋肉の病態を診ているのです。そして、レントゲンやMRIや関節鏡で見える「骨格異常」が痛みの原因だと教えられ疑うこともせず、そう思い込んでいるのではないでしょうか。

これではうまく診断できるはずもないし、治療できるはずもないのです。これが、慢性腰痛がちっとも治らず、多くの腰痛難民が生み出される背景です。

『トリガーポイントブロックで腰痛は治る!』加茂整形外科医院院長加茂淳先生の著書引用

加茂先生は腰痛を例にお話していますが、基本的には膝の痛み(骨折等が原因でない)も痛みが起こるメカニズムは一緒だと考えられます。

▶痛みのメカニズム

医学部で医者の卵達が生理学(生命の仕組み)で学ぶ痛みを感知するメカニズムについて重要なポイントをご紹介します。

患部が継続して大きな刺激を受けると、脳はその刺激を受けて、自律神経の交換神経が緊張します。

交感神経が緊張すると、血管が収縮し、その結果血流が悪くなり、筋肉細胞に十分な血液が行かなくなり、酸欠状態になって行きます。

筋肉細胞が正常に機能するために酸素は必要不可欠で、酸欠状態は危機的な状況になります。

この危機的状況に反応して、血漿からブラジキニンという痛み物質が発生します。

このブラジキニンが知覚神経の先端に付いている「ポリダーマル侵害受容器」(痛みセンサー)にぶつかると、痛みの電気信号が発生し、神経を通して脳に伝わると痛みを感じるようになります。

『トリガーポイントブロックで腰痛は治る!』加茂整形外科医院院長加茂淳先生の著書引用

ちょっと難しいかも知れませんが、これが現代医学で分っている痛みが起こる仕組みです。ここで重要なことは「痛みは筋肉で起こる」ということです。

医者の卵達は学生の時「痛みは筋肉で起こる」と学んでいます。ですから、あなたの膝の痛みの原因は筋肉の可能性が大です。

しかし、どういう訳か現代医学には「筋肉科」がありません。さらに筋肉はレントゲンに写りません。ですから筋肉が損傷している状態を確認する方法がないのが現実です。

下の写真左は膝のレントゲン写真です。骨の状態が分ります。真ん中は膝の実際に痛い所を確認しながらパッチを貼った写真です。この方の場合は膝の周りが広い範囲で痛んでいるのが分かります。

この状態を一番左の筋肉図と比較すると膝痛は膝周囲の筋肉が痛んでいると分かります。

レントゲンでは分らない膝の痛みの原因レントゲンでは分らない膝の痛みの原因

▶膝痛の原因は変形性膝関節症は本当か?

膝の痛みで病院に行くと、大抵「変形性膝関節症」と診断されますます。レントゲンで分る事なので膝軟骨がすり減っているのは間違いありません。

変形性膝関節症とは?

膝痛の軟骨理論は「軟骨がすり減って、骨がぶつかって痛みが起こる」という理論です。 レントゲンを見せられながら「骨と骨がぶつかって痛いのです」と説明されると、大抵の人は「なるほど!」と納得し、ガッカリ落ち込んでしまいます。

この説明が現代医学と矛盾するのは、先ほど説明したように 『骨が痛い』という考え方です。現代医学の常識ですが痛みは神経の問題です。しかし骨には神経がありません。 ですからたとえ骨と骨がぶつかっても痛くはありません。

虫歯の治療を思い出してみて下さい。歯を削っても痛くはありません。神経にぶつかると痛いのです。ですから神経を麻酔でブロックしてから、歯を削ります。

下はレントゲンで見る膝と実際の膝の違いです。膝の周囲には色々な筋肉があります。この筋肉のおかげで私達は膝を曲げたり伸ばしたりできるのです。

左はドクターが見ているあなたの膝のレントゲン写真です。整形外科は骨を治すのが専門ですから、レントゲンを撮って膝の骨の問題を調べます。

右の写真は実際の膝の状態です。実際の膝は、周りに筋肉や腱が取り囲んでいます。歩いたり膝を曲げたりできるのは、これら筋肉や腱があるからです。

私は骨の専門家ではなく、痛みを解決する専門家ですから、実際に膝のどこが痛いのかを調べます。患者さんに痛みが起こる部分を聞きながら、膝を軽く押圧したりしながら痛んでいる部分を探します。

すると…。たぶんあなた様もそうだと思いますが、膝がすり減って骨と骨がぶつかる部分(皿の下中奥)が痛いという人はほとんどいません。確かに骨がすり減っているのは間違いありませんが、実際に話を聞きながら調べるとすり減って骨と骨がぶつかる部分が痛いという人はいないのです。

レントゲン写真の膝と実際の膝の違い実際膝の痛い所を確認すると筋肉に原因があることが分かる

膝の内側が痛い人が実際にどこが痛いか知らべると、上写真のように筋肉が痛んでいる事が分ります。

膝が痛いの治療と代替医療

今の医学には筋肉科がないので独自に筋肉の事を研究しているドクターは極めて少ないと思います。

恐いのは、先の事例で紹介したように本当は筋肉の問題で痛みが起こっているのに、レントゲン検査などの結果、骨や神経が原因と診断されて手術を勧められるケースも多いことです。

この場合原因が違っているので「良くなると思って決断したのに手術をしても痛みやしびれが取れない」という結果になることも少なくありません。実際そういった方の相談もたくさん頂きます。

▶現代医学の治療方法

あなたの膝の痛みが変形性膝関節症と診断された場合、基本的には治療方法はありません。一時的に痛みを和らげる目的でブロック注射やステロイド注射が中心になると思われます。

麻酔は痛みを伝える神経をブロックして痛みを脳に感じさせないようにする対処療法になります。またステロイド剤は炎症を鎮める作用に優れているためよく使われますが、非常に強いので様々な副作用を伴う場合があります。

薬は体にとって薬であると同時に毒にもなるので、使用する場合はインターネットなどで副作用についても調べてから使用したほうがいいかも知れません。

変形性膝関節症の状況にもよりますが、最終手段は手術になります。「人工関節」になるので以後生活で転倒など要注意になります。

しかし、私の妻は医学部付属病院の手術場にいた看護師なので良く知っていますが、手術したけど痛みは良くならないと言うケースもたくさんあります。

痛みの本当の原因は筋肉で、変形性膝関節症ではないからですドクターも手術で変形性膝関節症を改善するのであって、それで痛みがなくなるとは絶対約束しません。

▶膝が痛いを解消する代替医療

代替医療とは薬や手術以外の方法を総称して言います。最近では統合医療とも言いますが、さまざまな医療を融合し患者中心の医療を行うものです。

そして医学には現代医学や東洋医学などの他に『宇宙医学』と言うジャンルもあります。ジャクサでは向井千秋先生などが中心になって研究しています。

▶宇宙医学から発見された代替医療

日本でこの宇宙医学を最初に研究した方が高田蒔医学博士(故人:旧東北大学医学部)と言われています。博士は宇宙医学の研究から宇宙(大気中)には大量のマイナスイオンが存在していることを発見しました。

そしてこのマイナスイオンには薬理効果があり、人間の体内に入れることによって細胞が活性化され様々な症状が改善されることを臨床実験で実証されました

さらに高田医学博士はこのマイナスイオンを大量に体内に取り込む医療器を開発して日本の医療器第一号になりました。医療の現場でも使用されて、様々な症状の改善結果が報告されています。

詳しい内容はこちらの記事でご紹介しています。『マイナスイオンの医学活用』

▶不思議な東洋医学から発見された代替医療

また、鍼灸の祖と言われる間中善雄医学博士(京都大学/初代東洋医学研究所所長)は「奇経療法」という不思議な東洋医学の研究から、高田医学博士のマイナスイオン研究と非常に似た発見をしました。

ツボからマイナスイオンを体内に流し込むと様々な痛みがたちまち消える現象が起こったのです。

この日本独自のツボ療法は、現在も多くの東洋医学系の治療院で活用されています。ご存知の方もいるかも知れませんが、今から25年前ほど前「11円療法」という名前で紹介された本がベストセラーになったことがあります。

10円と1円を対になったツボに貼ると痛みが消えるという不思議な療法ですが、これも間中先生が研究したマイナスイオン療法がベースになっています。

詳しい内容はこちらの記事でご紹介しています。『マイナスイオンの医学活用』

▶シートを貼るだけで痛みが変わる代替医療

「誰もが自分で痛みを解決できるようにできないか」二人の天才医学博士の研究を元に、マイナスイオンで細胞にどのような変化が起こるのか?そしてどうしたら痛んでいる筋肉細胞にマイナスイオンを投与できるか?長年研究しました。

そして開発できたのが、貼るだけで痛みが変化するメディカルイオンシートです。このシートを痛んでいる部分に貼ると、金属のイオン化傾向という化学反応が起こって、大量のマイナスイオンが筋肉細胞に届けられます。

メディカルイオンシートの詳しいご案内はこちら

メディカルイオンシート

その結果、筋肉細胞が元気な状態に活性化して、多くの場合数分で痛みが楽になります。同時に下写真のように状態も改善します。実際に体験した方からは「まるで魔法見たいです!」という感想をたくさん頂きます。

目には見えませんが、マイナスイオンは自然界の大気中にも存在するものなので医薬品のような害が全くなく、細胞から改善できる根本療法になります。

メディカルイオンシートの詳しいご案内はこちら

では次に実際に膝の内側が痛い場合、どこがどのような原因で痛んでいるのか解説しますので、ご自身で解決する場合の参考にして下さい。

メディカルイオンシートの詳しいご案内はこちら

膝の内側が痛いの原因と解消代替医療

膝痛で一番多いのが膝の内側が痛いというケースです。最初に膝の内側が痛い場合の原因と解決方法をご紹介します。

膝の内側が痛いの原因

膝の内側のどこが痛いか、実際に痛い所を確認しながら1枚1枚パッチを貼って調べた写真です。膝の内側に広い範囲で痛みが見つかります。(右写真)

膝の内側のどこが痛いか調べた写真

この状態をレントゲンで撮っても、下の左の写真のように骨の状態しか写らないので病院では痛みの原因が分りません。しかし右の実際の膝と比較すると、膝の内側にある「内側広筋」が痛んでいると分ります。

レントゲンで見る膝と実際の膝は違ってい

「内側広筋」は、歩く時に足を前に振り出したり、ボールをけったりする時に働く筋肉です。

膝の内側が痛い原因の内側広筋

メディカルイオンシートの詳しいご案内はこちら

膝の内側が痛いの解消代替医療

膝から太腿内側を押圧すると、筋肉(内側広筋)が硬くなっていて、痛いのが分かります。筋肉が硬くなって伸びない状態になっているために、その筋肉を使う動作をすると痛みが起こるのです。

筋肉が硬くなって痛い所に「メディカルイオンシート」を貼ります。手順についてお話します。

  1. とりあえず押圧して痛みの一番強い部分にまずシートを1枚貼ります。
  2. 次に1枚貼った周囲を押圧して痛んでいないか確認します。
  3. 痛みが確認できたらそこにシートを追加して貼ります。
  4. そうやって痛んでいる部分全体にシート貼っていきます。
  5. 大体貼り終わったら一度歩いて痛みが起こるかどうか確認します。
  6. 痛みが起こらなくなれば成功です。
  7. もし、まだ痛みや違和感がある場合はもう一度押圧して確認し(貼っていない部分)シートを追加して貼ります。(※最初と少し違う部分に痛みが起こることがあります)

膝の内側が痛いの解消代替医療

膝の内側が痛い場合、内側広筋だけでなく膝の内側にある腱なども痛んでいる可能性があります。押圧して確認し痛い部分にはシートを貼って下さい。

メディカルイオンシートの詳しいご案内はこちら

膝の内側が痛いの治療後の対応

肌が弱い人は2~3時間シートを貼ったらはがして下さい。(肌が負ける場合があります)

それほど肌が弱くない場合は半日くらいとか、お風呂に入るまでとか貼ってもかまいません。長く貼ることに越したことはありませんが、肌が負けない範囲で調整して下さい。

大切なのはシートをはがした後、痛みが戻るかどうかです。そのまま1回で痛みが戻らなくなったら一番いいのですが、1回で回復できなくて少し戻る場合もあります。

膝の内側の痛みが1~3日くらいで戻る場合はちょっと損傷が激しい状態(重症)です。戻ったらまたすぐにシートを貼って治療して下さい。今度は3~4日くらい持つようになります。そうやって段々伸びていきます。

膝の内側の痛みが1週間戻らずいい状態が続くようになると、何年も大丈夫な場合が多くなります。永遠に大丈夫と言えないのは、筋肉はどうしても使うので無理をすると痛んだりします。

しかし膝の内側に痛みが起こる場合の解決方法を覚えると、例え痛みが戻ったとしてもまたすぐに自分で解決できるので心配ありません。

メディカルイオンシートの詳しいご案内はこちら