股関節が痛い場合の原因と解消代替医療

股関節の痛み

こんにちは。筋肉が原因で起こる痛み解消の専門家長岡幸弘です。

代替医療とは手術や薬以外の解決方法の事を言います。私達の色々な症状をすべて薬と手術で解決できればいいですが、解決できない症状もたくさんあります。

その一つが筋肉の損傷によって起こる痛みです。

股関節が痛くて普通に歩けず悩んでいる人もたくさんいます。病院に行くと大抵「変形性股関節症」(股関節の軟骨がすり減って変形)という診断を受けると思います。

整形外科は骨格(骨)の問題を解決するのが専門なので、レントゲン等で骨の異常を検査します。その結果股関節部分に骨の異常が見つかると、変形性股関節症と診断されます。

しかし、生理学の痛みのメカニズムを勉強すると分りますが あなたの痛みの本当の原因は筋肉にあります。 これは医者の卵達も授業で「痛みは筋肉の問題で起こる」と習っていることなので間違いありません。

しかし筋肉の問題は、レントゲンやMRIといった最新の検査機器にも写らないので分りません。本当は筋肉の問題で痛みが起こっていても、病院の整形外科に行くと全部骨格(骨)の問題が原因になってしまうのが今の医療です。 

痛んだ筋肉を回復させる薬はありませんし、手術もできませんさらに、筋肉科がないので筋肉の事を研究しているドクターもほとんどいないのが今の医療の現実です。

その結果、 実際に手術しても痛みは変わらないという人がいっぱいいます。これは手術で骨の問題は解決しても、筋肉の痛んだ状態は変わらないからです。 

あなたが股関節のどこが痛いかが一番重要です。なぜならそこに痛んでいる本当の原因があるからです。  股関節に痛みが起こる本当の原因と自宅でできる解決方法について解説します。

変形性股関節症とは

病院に行って「股関節」が痛いと言うと、股関節部分のレントゲン写真を見せられながら説明されます。「股関節の軟骨がすり減っているのが原因です」

変形性股関節症

レントゲンで分る事なので軟骨がすり減っているのは間違いありません。しかしそれが痛みの原因とは言えません。なぜなら、 骨には神経がないので、骨が痛いと言うことは医学的にあり得ないからです。 

ちなみに股関節の手術とはどういうことか?説明します。すり減った軟骨部分を人工関節に置き換えます。骨を金属に交換するので、術後に起こる色々な問題をキチンと調べてから決断した方がいいようです。

人工股関節の手術イメージ

股関節が痛い場合に実際痛んでいる部分

これまで股関節が痛いと言う人を1,000人以上見てきました。実際にどこが痛いのか丁寧に調べると、股関節のすり減った部分(股関節の中奥の方)が痛い人はほとんどいませんでした。実際に痛みが見つかる所は次のような部分です。

実際に痛みが見つかる部分

病院ではレントゲンに写った骨の状態を検査します。実際に股関節のどこが痛いかまで調べるドクターはほとんどいないので分らないのですが、骨盤の一番出っ張っている所(腸骨)の周囲に実際痛い所が見つかります。

ここに何があるかというと右のイラストのように太腿の骨(大腿骨)につながっている色々な筋肉があります。 実はこのような股関節の筋肉が痛んでいます。しかし筋肉の損傷はレントゲンには写らないので、「軟骨がすり減ったのが原因」となってしまう訳です。 

押圧すると分かるので、自分でどこが痛いか確認してみて下さい。骨でない事が分ります。

股関節が痛い場合の原因

一番多いのは、骨盤に沿って見つかる股関節痛です。骨盤の骨の内側を押圧すると「ウッ!」と強い痛みが分ります。ほとんどの場合鼠径部まで続いています。それと合わせて、大腿骨の付け根部分にも痛みが見つかることが良くなります。

股関節のどこが痛いのか調べた写真

股関節が痛い場合の解消代替医療

実際にどこが痛んでいるか確認しながら(これが一番重要)、下の写真のようにイオンシートを半分の大きさに切ったものを貼って行きます。

イオンシートを使った治療例

貼り終わったら歩いて見て下さい。足がすごく軽くなって、股関節の痛みも楽になったのが分かると思います。

股関節が痛い場合は、足の方まで痛んでいるケースがほとんどです。足の痛みに関する記事を参考にして一緒に解決して下さい。

腰痛が起こりやすい6つのポイントを参考にしながら、痛んでいるポイント全部に「イオンシート」を貼ることが速攻解決の方法になります。

股関節が痛い場合の解消確認方法

イオンシートを貼り終ったら、立ち上がって確認します。歩いて体を動かしても痛みが感じない状態になったら成功です。

もし、最初と違う部分に痛みを感じたり、違和感があればそこの部分を押圧して確認します。すると痛んでいる部分が見つかるので、そこにシートを追加して貼ります。他の悪い所が分るようになってきます。

股関節部分の痛みを確認しながらをイオンシートを追加して貼ることを数回繰り返すと、痛みがほとんど気にならない状態になります。

股関節が痛い場合の治療後対応

肌が弱い人は2~3時間イオンシートを貼ったらはがします。(肌が負ける場合があります)

それほど肌が弱くない場合は半日とか、お風呂に入るまでとか貼ってもかまいません。長く貼ることに越したことはありませんが、肌が負けない範囲で調整して下さい。(かゆくなってきた場合はすぐにはがして下さい)

大切なのはシートをはがした後、痛みが戻るかどうかです。そのまま1回で痛みが戻らなくなったら一番いいのですが、1回で回復できなくて数日して痛みが少し戻る場合もあります。

痛みが1~2日くらいで戻る場合はまだ回復しきれていない状態なので、もう数回治療を続ける必要があります。痛みが戻ったらすぐにシートを貼って治療して下さい。

今度は3~4日くらい持つようになります。そうやって段々伸びていきます。1週間痛みが戻らずいい状態が続くとほぼ回復と考えていいです。

痛みが1週間戻らずいい状態が続くようになると、ずっと何年も大丈夫な場合が多くなります。永遠に大丈夫と言えないのは、筋肉はどうしても使うので無理をしたりするとまた痛んだりすることもあります。

股関節が痛い原因と解決方法をマスターすると、痛みが再発してもすぐに自分で解決できるので心配しなくてもよくなります。

あなたも痛みでお悩みではありませんか?

コロナ問題で病院や治療院にも行けず辛い痛みに精神的にも参っている人がたくさんいらっしゃいます。

コロナの問題はまだ当分続きますが、予防することはできます。痛みも自宅に居ながら自分で解決できる方法が開発されました。

二人の天才医学博士の研究を元に開発されたメディカルイオンシートをぜひ試してみて下さい。シートが届いたその日に痛みが50%~100%楽になります。