腰痛の原因が筋肉で起る6つのポイント【自宅でできる解消法も解説】

腰痛でお悩みの方にお勧め記事です!
  • 腰痛の原因は筋肉の気がするが病院でヘルニアが原因と言われた
  • 筋肉が原因の腰痛の治し方を知りたい
  • 病院に通っても腰痛が良くならない

こう言ったお悩みの方にお伝えします。

本記事の内容
  1. 腰痛の原因が筋肉で起こる6つのポイント【自宅でできる解消法解説】
  2. 【整形外科医が明かした】ヘルニアや脊柱管狭窄症が腰痛の原因と言えない理由

この記事を書いている私は、元文部省の国家公務員で国立大学の医学部に採用され、ドクターの研究助手の仕事をしていました。現代医学が痛みの解決に大きな成果を上げていない現実を知り、痛みとは何か?どうしたら解決できるのか?を長年研究。

「瞬時に痛みが消える」不思議な東洋医学との出会いから「簡単!痛み解消法」を開発(特許庁申請) 20年間で原因不明や手術しても痛みが取れない人など15,000人以上解決。インターネットでも腰・膝・肩等の痛み回復方法を指導し10,000人以上の回復実績。

膝痛の原因が筋肉で起こる6つのポイント【自宅でできる解消法も解説】

整形外科で見ている体と実際の体の違い

整形外科は骨を治すのが専門です。ですからレントゲンで骨のどこに問題があるか調べます。その結果『ヘルニア』や『脊柱管狭窄症』『すべり症』など骨格上の問題見つかり腰痛の原因となります。

問題は整形外科で検査しているのはあなたの骨の問題で、それがあなたの腰痛の原因とは言えないと言うことです。ドクターはあなたが実際腰のどの辺が痛いのか聞いたり、体に触って確認したり一切しません。

上図のように私達の実際の体は筋肉に覆われています。色々な筋肉のおかげで私達は歩き、動くことができます。生身の体ですから、仕事や運動などで酷使すれば当然筋肉は痛み、損傷します。また筋肉が老化する問題も当然起こってきます。

しかし今の医学には筋肉の損傷を把握し解消する方法がないのが現実です。

一口で「腰痛」と言っても実際に痛い部分は個人個人違います。つまり痛んでいる筋肉が違うということです。3000人以上の膝痛を調べた結果、腰痛が起こりやすい部分(筋肉)が6つあると分かりました。6つの筋肉のうち痛んでいるのが一つだけの場合もあれば、2~3つの場合もあります。

▶腰痛が起こりやすい6つの筋肉

腰痛が起こりやすい6つのポイント

腰痛を解決するのに一番重要なのは腰のどこが痛いかと言うことです。

この記事では腰痛が起こりやすい6つの筋肉について解説します。あなたの腰痛がどこに問題があるのか参考にして下さい。

6つのうち腰痛の原因が一つの場合もあるし、2~3つ重なって起きている場合もあります。腰痛の原因のほとんどは筋肉です。しかし、筋肉が痛んでいる状態は病院でレントゲンを撮っても写らないので分りません。

どこに問題があるさえ分かれば、あとはご自宅でも解決できます。さらに詳しく知りたい場合は詳しい解説ページを開いてお読み下さい。

▶腰痛の原因筋肉①【腰の右側や左側が痛い場合原因となる筋肉】

一番腰痛やギックリ腰が起こりやすい筋肉です。骨盤と肋骨の間にある筋肉で「腰方形筋」といい、上半身を横に曲げる時に働く筋肉です。ここが痛んでいると中腰状態ができなくなります。

腰痛で腰の右側が痛い左側が痛い場合の詳しい解説はこちら

▶腰痛の原因筋肉②【肩甲骨の下方が痛い場合原因となる筋肉】

いわゆる背筋で「最長筋」と言います。背骨を真っすぐに保持するので脊柱起立筋とも言います。ここが痛んでいると猫背になります。

腰痛で背中や背骨もが痛い場合の詳しい解説はこちら

▶腰痛の原因筋肉③【尾てい骨の上仙骨部が痛い場合原因となる筋肉】

仙骨(尾てい骨の上)辺りに痛みを感じる場合は、「多裂筋」が痛んでいる可能性が高くなります。筋肉が伸びないので体を反る動作ができなくなります。

腰痛で尾てい骨や仙骨も痛い場合の詳しい解説はこちら

▶腰痛の原因筋肉④【腰を反ると痛い場合原因となる筋肉】

腰を反ると痛みを感じる場合は、腰方形筋と骨盤の接続部分が痛んでいます。この場合も筋肉が伸びないので反ったり、前屈ができなくなります。

腰痛で腰を反らすと痛い場合の詳しい解説はこちら

▶腰痛の原因筋肉⑤【お尻の中央や外側が痛い場合原因となる筋肉】

 

お尻中央や外側に痛みが起こる場合もあります。これはお尻の脇にある「中殿筋」や「小殿筋」という筋肉が痛んでいる状態です。

お尻が痛いの詳しい解説はこちら

▶腰痛の原因筋肉⑥【お尻の下方が痛い場合原因となる筋肉】

お尻の下部や中央に痛みが起こる場合もあります。これは太腿の大腿骨にくっついている「回旋筋群」が痛んでいる状態です。

おしりの下の方が痛いの詳しい解説はこちら

「整形外科医が明かした」ヘルニアや狭窄症が腰痛の原因とは言えない理由

腰痛で整形外科に行くと最も多い診断がヘルニアと脊柱管狭窄症です。レントゲン写真を見ながら説明されれば誰でも「そうか!ヘルニアが腰痛の原因なのか…!」と大抵納得しますが、少し現代医学を勉強すると、このヘルニアや狭窄症が腰痛の原因とする説明には矛盾のあることが分ります。

実際そのような診断で「手術をしたのに痛みが取れない…」「私の腰痛はどうして良くならないの…?」と悩んでいる方がたくさんいます。

ヘルニアや脊柱管狭窄症が腰痛の原因とは言えない理由についてもお話したいと思います。

▶ヘルニアとは?

ヘルニアというのは、上図イラストのように椎間板の髄核が飛び出して神経を圧迫するので痛みが起こるという説明です。レントゲンで分る事なのでヘルニアは間違いありません。しかし ヘルニアが腰痛の原因! とは言えません。

▶脊柱管狭窄症とは?

『脊柱管狭窄症』というのは、ヘルニアと同様、神経が圧迫されて腰痛が起こっているという診断です。ヘルニアは椎間板が神経を圧迫している状態ですが、『脊柱管狭窄症』は背骨や椎間板、関節、靭帯などで囲まれた脊髄の神経が通る細い管が、老化による背骨の変形や、椎間板の膨張、靭帯が厚くなって神経の通る脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されて痛みが起こるという説明です。

▶【整形外科医が明かした】神経は圧迫されても痛くない!

神経のメカニズム

現代医学で「痛みのメカニズム(痛みが起こる仕組み)」については生理学で学ぶ内容です。 その生理学で神経の働きについてどう書いてあるか紹介します。これは医師の卵たちが実際に講義で習う内容です。

「痛みというのは通常、 神経線維の先端についている痛みセンサーだけがキャッチします。痛みセンサーが電気信号を伝えてはじめて、痛みが感知される のです。 神経の途中で痛みが発生したり感知されることはありません。 」 

石川県にある加茂整形外科医院院長の加茂淳先生の著書『トリガーポイントブロックで腰痛は治る!』から一部抜粋
 

上図(神経の仕組み)をみると分りますが、 神経の先端には感覚受容器というセンサーが付いています。このセンサーが痛みの電気信号をキャッチすると、脳に伝わって痛みを感じます。   

神経の途中にはこのセンサーがないので、圧迫されたりしても痛みを感じるという事はないというのが生理学(生命の仕組み)における医学の常識 になります。

▶【整形外科医が明かした】痛みのメカニズムを知らない医師

私は、ドクターはちゃんと生理学の「痛みのメカニズム」で、『痛みは筋肉に起こる』と学んでいるのになぜ骨とか神経の問題にしてしまうのか理解できませんでした。

私は患者さんの体に触れながら実際に痛い所を探すのが施術の基本なので「あ~、ここの筋肉が痛んでいるんだな」と分ります。ですから10年以上前から痛みは筋肉で起きていることが分っていました。

実際に痛い所を確認すればすぐに分かる事なので、「医師がこんなこと分からないはずがない」「もしかしたら、私が間違っているのだろうか?」と長年思っていました。

その疑問が加茂整形外科医院院長の加茂淳先生の著書『トリガーポイントブロックで腰痛は治る!』という本を読んでやっと解決できました。やっぱり医師は分っていなかったのです。加茂先生の本にはこのように書いてあります。

「痛みのメカニズムを知らない医師」

腰痛など筋骨格系の痛みのほとんどは、 筋肉のけいれんからくる「筋痛症」が原因です。 簡単に言うと、 筋肉の痛みです。 ところが、 医師の卵は、その肝心な 筋肉の生理学や病態についてはほとんど習わない のです。なぜか 現代医学から「筋肉」がすっぽり抜け落ちてしまっています。 

いまの医学教育では、「痛みのメカニズム」については、基礎医学の生理学で 臨床の勉強を始める前にちょっと習うだけで、医師になる頃にはすっかり忘れている のが現状だと思います。

つまり、 痛みのメカニズムを忘れてしまった医師が、習ったことがない筋肉の病態を診ている のです。そして、  レントゲンやMRIや関節鏡で見える「骨格異常」が痛みの原因だと教えられ、疑うこともせず、そう思い込んでいる のではないでしょうか。 

石川県にある加茂整形外科医院院長の加茂淳先生の著書『トリガーポイントブロックで腰痛は治る!』から一部抜粋

ドクターの卵たちは、「痛みのメカニズム」ついてほとんど習っていないに等しいのです。それで医療の現場に出てから先輩に「神経が圧迫されるのが痛みの原因だ」と教えられ、全く疑うこともなく診断している というのが現実のようです。

その背景には、 筋肉はレントゲンやMRIをで検査しても写らない、 そして 現代医学には「筋肉科」がない 為に、 筋肉のことを研究しているドクターもほとんどいない、 さらに 整形外科のドクターはレントゲン画像だけ見て体を見ない という現実があるように思います。

「病院や治療院で良くならない方の痛み解消法」