背骨や背骨の脇の痛みと筋肉

背中の痛み

このページでは「背中が痛い」「背骨が痛い」「背骨の脇が痛い」といった症状の原因と解決方法を解説します。

背中には「脊柱起立筋」という背骨をまっすぐな状態に維持する3つの筋肉があります。①背骨にくっついている『棘筋』②背骨の脇にある『最長筋』③肋骨につながる『腸肋筋』です。

整形外科は骨を治すのが専門なので、「背中が痛い!」と言うと、背骨の疲労骨折を疑い検査することが多くなります。背骨の疲労骨折が見つかれば「これが原因」ということになりますが、背中の痛みは原因不明の場合も多いと思います。

原因不明の理由は筋肉はレントゲンやMRIに写らないからです。しかし実際に背中のどこが痛いか調べると、背中の痛みは、「脊柱起立筋」の中の『最長筋』と『棘筋』が原因になっているケースがほとんどです。

レントゲンで見る体と実際の体の違い

レントゲンで分る事と分からない事の違い

一番左はレントゲンで見た背中です。骨の状態が分ります。真ん中は実際に痛い所を確認しながらパッチを貼った写真です。背骨の脇が痛いことが分ります。

レントゲン写真と比較して何も分りませんが、 右側の体の筋肉図と比較すると、背骨の脇にある「脊柱起立筋」やその下の「腰方形筋」が痛んでいる状態だと分ります。 

背骨の脇が痛い場合の解決方法

「背骨の脇右側が痛い」「背骨の脇左側が痛い」「背骨の脇両側が痛い」などの違いがあっても、基本的な原因は同じです。

背中の脇が痛い場合の原因と解決方法

押圧して痛みを確認しながら、背骨の脇にイオンシートを2~3枚縦に貼るだけです。どちらか片側だけの場合は片側でいいですが、背骨の両側が痛んでいる場合が多いので必ず確認して下さい。

この時注意して欲しいのは、腰の上にある「腰方形筋」も一緒に痛んでいるケースが多いので、一緒に確認して下さい。詳しくは「腰の脇が痛い腰痛」を合わせて参照してください。

背骨が痛い、背骨も痛い場合の解決方法

背中で一番痛み易いのは「最長筋」ですが、「背骨が痛い」「背中全体が痛い」という場合は、背骨にくっついている『棘筋』も痛んでいる可能性が高くなります。

この場合も背骨を押圧すると分ります。押圧すると背骨が痛いように感じるかもしれませんが、骨には神経がないので痛みを感じることはありません。実際に痛いのは『棘筋』です。

背骨が痛い場合の解決方法

イオンシートを半分の大きさに切って、痛んでいる部分全体に、背骨に沿って貼ります。貼った直後に背中がまっすぐになった感じが分ります。

ただ、『棘筋』だけが痛んでいるケースはこれまでの経験上少ないです。『棘筋』が痛い場合は『最長筋』も痛んでいる事が多いと思います。

ですから背中の痛みを確認しながらイオンシートを貼ると、写真のように背骨とその両側(両脇)になってしまうことが多くなります。

背中全体が痛んでいる事例
痛みは体の電気現象です。

あなたも同じような症状でお悩みではありませんか?

痛みが起こる原因のほとんどは、生理学で言うように筋肉の問題です。しかし、筋肉の痛んでいる状態は病院でレントゲンやMRIを撮っても写りません。

さらに今の医学にはどういう訳か「筋肉科」がありません。これが痛みが解決しない最大の理由です。

二人の天才医学博士の研究を元に開発された「痛みが速攻で改善する方法」をお試し下さい。たちまち変化が分ります。